相続税の申告

定年後の過ごし方について

私の上司が、来年限りで定年になります。上司は高校卒業後、ここの会社で、65歳の定年まで、一心不乱に働いてこられた
ようです。ここの会社は、かなり、男女不平等で、昇進に関してもかなり男女差がありました。ここ→税理士 川崎は参考になります。
上司はずっと独身でもあり、
仕事の後のアフターファイブや、休日のゴルフなど男性と変わらず働いてこられました。調べてみたい人はここ→税理士 沖縄を参考にするといいと思います。

 

 

男性なら、絶対に役員になっていたというほどの人物でしたが、部長どまりでした。でもこの会社にあって、部長になった
のは、上司を入れてこれまで3人だけでした。私が調べた時に見たサイトは国際税務←ここです。おすすめ。
上司は、定年後はゆっくりする予定でしたが、一緒に暮らしている妹さんが、
ずっと京都府庁に勤務していたのですが、このたび早期退職をして税理士をすることになったのです。妹に聞いたサイトは会社設立←こちら

 

 

妹さんはもともと才女でしたが、将来のことを考え、「自分は働くしかできない」と思って、税理士になることにしたようで
す。上司が言うには、「当分は妹の税理士事務所をてつだうことになりそう。」と言っておられました。気になる詳細はここ→相続税