がんはなにより早期発見

がんはなにより早期発見

数年前の会社の定期検診の便潜血検査で陽性反応が出て二次検診をするよう勧められました。大腸がんの可能性があるとのことでした。私としては全く自覚症状がありませんでしたから少し驚きましたが、とにかく二次検診を受けることにしました。
こちらからがん治療 免疫について知ることが出来ます。
病院に行くと二次検診の方法として二通りの選択肢を示されました。造影剤を飲んで大腸にがんの影が写るかどうかをまず調べる方法と、肛門から内視鏡を入れて検査する方法です。その時私を診察された医師は、内視鏡検査の方が二度手間にならずに済むのでそちらを勧めます、とのことでした。それで内視鏡検査をお願いしました。
お探しの免疫治療 がん療法についてはこちらです。
検査の前夜から絶食で、当日は大量の下剤を飲んで大腸を空にしてから検査です。下剤は2リットルほど有り、これを飲むのが一苦労でした。内視鏡検査では痛みを感じることはありませんでしたが腹が張り、かなり苦しかったのを覚えています。
免疫治療 病院をお探しならこちらです。
いくつかポリープが見つかり、担当医は次々に切除していかれました。その後、切除したポリープを検査されがんの第一段階だったということがわかりました。それで、3か月後に再び内視鏡検査をすることになりました。
気になる方は免疫治療 NK細胞←をクリック!
その再検査では異常は見つからず、次は半年後、そして1年後にも検査をしました。結局、異常はなくその後は毎年の便潜血検査でも陽性反応は出ていません。
話題の免疫細胞 最先端情報についてはこちら!
私の場合はたまたまでしたが、早期発見、早期治療ががんを治すのにはなによりだと思います。