相続税の申告

同じテクニカルでも見方を変えてFXするよう切り替えました

見た目がチューブっぽくて為替が今どんな動きをしているか一目でわかるから、FXをするときにはボリンジャーバンドを必ずチャート上に表示しています。
取り敢えずコチラの山口孝志を覗いてみませんか?
統計的に限界の来る壁で跳ね返ることを予想して、流れに逆らってエントリーするのが私の手法でした。
まずはコチラのサイトの山口孝志をお読みいただければと思います。
高速スキャルピングをする人ならこれはボリンジャーバンドとしては定番の使い方だと思います。
アレコレ説明するよりも山口孝志←を読んで頂ければわかりやすいです。
でも私の取引の仕方と今ひとつかみ合わなかったこともあり、最近は逆張りをやめてトレンドに乗るタイミングを見つけるツールとして利用しているのです。
私は自信を持ってこの山口孝志のサイトをお勧めします!
中心の線で押しや戻りを確認してから入って、1シグマの線に到達したら利確という方法を取ることが多くなってきました。それまでは1シグマの地点から中央の線を挟んだ反対のラインに触れるまでホールドし続ける方針を貫いていました。そんな上から下まですべての利益を取れる理想的なトレードは難しいという現実を受け入れて、基本に戻って順張りでそこそこ稼げればOKというスタイルに切り替えたのです。ボリンジャーバンドは元々順張りで使うことを想定したものだったようでFXの相場にもがっちりはまり、この方法のおかげで取引成績が良い方向に向かいつつあります。
私の拙い説明よりも山口孝志←コチラのサイトをご覧下さればわかりやすいと思います